どんどん新しいマッチングアプリがでてくるこの世の中。

それほど、マッチングアプリを使う人が増えているのでしょう。
今回は、マッチングアプリ“マッチブック”についてご紹介します。

マッチブックの特徴

マッチングアプリ“マッチブック”は、リクルートグループ「ニジボックス」が運営。
恋活&婚活アプリで、リリースは2015年11月。
マッチブックは、Oimaiやペアーズ、ゼクシィ恋結びと同じ系統となっています。
シンプル機能で、検索とマッチングのみ。

マッチブックのユーザー属性

ユーザー数

ユーザー数は、非公開となっていますが、Omiai(150万以上)やペアーズ(500万以上)よりもかなり少なめだと予測されます。
新規会員は、男性のみで1日100~200人ほどと見られ、月で3000人、年で3万人ほど。
女性も合わせて計算すると、年間5万人のペースで増えているでしょう。

ユーザーの年齢層

ユーザーの年齢は、20代がメインで30代前半まで盛り上がっていると見受けられます。
ユーザーの年齢層はわかめですが、婚活目的のユーザーも多いのが特徴。

ユーザー分布図

ユーザーの分布図を見ると、なんと7割が関東在住となっています。
そのうちの半数が東京。
地方エリアでマッチブックを使うのは、少し厳しいかもしれません。
  

ユーザー目的・真剣度

マッチングアプリ マッチブックのユーザーの目的は、ほぼ婚活。
結婚したいユーザーが、8割超えとなり、真剣度はかなり高めでしょう。
Omiaiやペアーズでうまくいかなかったり、飽きてしまった場合は、1ヶ月マッチブックを試してみるのもアリ。

マッチブックの料金

女性は、基本的に無料。
男性は、月額3980円でメッセージの交換可能です。
料金的には、他のマッチングアプリ Omiaiなどと同じ価格帯です。

複数月契約でお得
マッチブックも、他のマッチングアプリと同じ様に、複数月の契約を月額が安くなります。

契約月数 月当たり金額
1か月 3,980円
3か月 3,660円
6か月 2,996円
12か月 2,415円

さらに、3か月以上のプランに申し込むと、マッチブックコインが追加でもらえます。
その分いいね!をできる回数が増えるとのこと。

プレミアムオプション=3,980円
プレミアムオプションでできること。
・検索機能の追加
・いいね!の増加
・自分のプロフィールが上位に表示
・メッセージの未読・既読がわかる

マッチングアプリ マッチブックのメリット5つ

大手企業が運営なので安心

マッチングアプリ マッチブックは、大手企業リクルートグループ「ニジボックス」が運営しています。
誰もが知っている企業なので、安心ですよね。

口コミでも、大手だから個人情報の流出やサクラなどの心配が少なくて済む。
年齢確認も安心してできた…などの声が寄せられています。

3つのシステムで安心

マッチングアプリ マッチブックは、
①24時間365日の監視体制
②Facebookと連動
③身分証での年齢確認
この3つを行っているので、アプリの安全性はとても高いです。
サクラも入りにくくなっており、安心して利用できますね。

簡単な仕組み

マッチングアプリ マッチブックの仕組みは、とても簡単。
そのため、とても使いやすいという口コミが多くあります。
気になる異性に「いいね!」→お互いが「いいね!」→メッセージのやり取りが可能
とてもシンプルな仕組みですね。

美男・美女が多い

マッチブックの特徴は、有名大学のミス・ミスター100人ほどが会員なので大学生からの注目度が高め。
そのため美男・美女の割合が高く、大学生のユーザーの割合が多いのです。
口コミでも…「他のマッチングアプリを試したが、ここが一番女性のレベルが高い」という声も。
ほとんどのユーザーが、ちゃんと写真を載せているで、安心度も高いでしょう。

真剣な出会いを探せる

マッチングアプリ マッチブックのユーザーは若いにもかかわらず、真剣な出会いを探しているユーザーがほとんど。
他のマッチングアプリとは、少し異なりますね。
年齢を気にせず、真剣な出会いを求めているのなら、マッチブックを試しに利用するのもアリでしょう。

マッチングアプリ マッチブックのデメリット2つ

男性は課金が必要かつ他のアプリより高め

マッチングアプリ マッチブックは、無料で始められますが、マッチングしてメッセージを送りには有料課員にならないといけません。
その際に、約4000円かかります。

さらに、1ヶ月で30回までいいねをできますが、それ以上いいねをしたい場合は、コインを購入しなければいけません。
そうなれば、月額で4000円以上かかる可能性も高いでしょう。

ちなみに、マッチングアプリ マッチブックは、ウェブとiOS、Androidで少し異なり、Web版が一番安いです。
※どれでも切り替えが簡単にできるので、アプリを利用していてもWebで課金するといいえしょう。

ユーザー数が少ない

マッチングアプリの大手pairsなどと比べると、ユーザー数はまだまだです。
そのため、選択肢が狭まり、地方在住の方にはあまり使えないアプリでしょう。
「東京の女性」で検索をかけてみると、以下のような結果に。
・マッチブック およそ900人
・pairs およそ16万人
東京で、これだけの差があるので、地方であればユーザー数はもっと減るといえるでしょう。

まとめ

マッチングアプリ マッチブックもわりと新しいアプリのため、ユーザー数は少なめ。
地方の方には、少し不利かもしれません。
しかし、ユーザーが若いのに真剣な出会いを探している割合が高いことは、ポイントが高いといえます。
運営も大手企業なので、他のアプリでいい出会いがなければ、お試しに使ってみることをおすすめします。

おすすめのマッチングアプリのランキングはこちら