マッチングアプリでメッセージのやり取りをするようになったら、今後の交際へと進展させるためにも実際に会ってみることが大事です。

その第一段階として最適なのが食事です。いきなり二人きりでデートをするのが難しいという人でも、食事であれば気軽に誘うことができます。

しかし、相手に警戒されることなく自然な感じで食事に誘うためにはどうすれば良いのでしょうか。
ここでは、マッチングアプリにおける自然な食事の誘い方について説明をしていきます。

マッチングアプリにおける自然な食事の誘い方

マッチングアプリでの出会い

世の中には様々なマッチングアプリがありますが、全てに共通するのは理想の相手を探す時に使える便利な機能です。
その中でも、メールや掲示板といった交流機能を持つツールが盛んに利用されています。

顔写真やプロフィール欄で自分の理想の相手を選んだら、メッセージのやり取りができるように申請を行います。
この際に、相手に見向きもされなければ意味がありません。そのため、相手の気を引く意味も込めて顔写真の写り方には細心の注意を払う必要があります。

また、内面をアピールするためにプロフィール欄も充実させておくようにします。
プロフィールの作成時に是非書いておきたいのが、好きな食べ物の項目です。この項目は、後で食事に誘う際に効果を発揮します。好きな食べ物が共通している相手だった場合、これを理由に食事に誘いやすくなるのです。

もちろん、話のきっかけ作りのためにそれ以外の項目も省かずにきちんと埋めておくようにしましょう。
プロフィール欄が乏しい人の場合は、冷やかしだと捉えられて真剣に相手にされない可能性が高くなるためです。

全ての項目を丁寧に埋めることは、誠実な人柄をアピールすることにも繋がります。

相手とのメッセージ交換

マッチングアプリで理想の相手が見つかったら、すぐにメッセージのやり取りを始めます。
この際には、相手への質問と自己紹介のバランスを上手く取ることが大事です。

相手に質問する時に、自分はこうだけれどあなたはどうですかというような文体にすると自然な形で自己紹介を織り交ぜることができます。
しかし、自分のことばかり話してしまうと、相手に対する圧が強くなって気持ちを冷めさせてしまいます。
そうかと言って質問ばかりでは、相手を疲れさせてしまうのです。

メッセージのやり取りを始めたら、最初の段階で好きな食べ物を具体的に聞いておくと後から役に立ちます。
いつもどの辺りに遊びに行くかということも一緒に聞いておくと、レストラン探しの際に参考にすることができます。

また、自分が普段利用しているレストランやカフェなどをさりげなく伝えておくことで、相手に興味を持たせるという方法もあります。

最初の頃から食事やデートを連想させる話ばかりしていると不自然なので、それ以外の話題も振るようにしましょう。
自然な形で一緒に食事をする流れに持って行くことが、メッセージをやり取りする最大の目的です。

食事への誘い

しばらくメッセージのやり取りを続ける内に、お互いの趣味嗜好がわかるようになってきます。
友達のように気楽にメッセージのやり取りができるようになったら、自分がよく行くレストランに案内するという形で相手を食事に誘ってみましょう。

相手の方から一度行ってみたいという投げかけがあったらチャンスです。
このような雰囲気になるまで個人差はありますが、時間をかけて様子を見ながら判断することが大事になってきます。

あまり初期の段階でいきなり食事に誘うのは、軽薄すぎて無視される場合もあるので気をつけて下さい。
また、初回の食事は昼間の明るい内に約束を取り付けた方が相手側としても安心です。

初対面の相手とは、かしこまったレストランなどではなく気軽にスイーツやドリンクを楽しめるカフェの方がおしゃべりも弾みます。

食事への誘い方は、相手の趣味嗜好によって柔軟に変えた方が成功率が高くなります。

そのためにも、メッセージのやり取りを通して相手が喜ぶことは何なのか常に考えておくことが重要です。
初めての食事が大いに盛り上がったら、今後の交際へと発展させるためにも二度目の誘いも早い内に取り付けておきましょう。

交際に発展させるために

マッチングアプリを上手に活用することで、自分にぴったりの理想の相手が見つかります。
そのための第一歩として、最初のデートはおろそかにできません。しかし、成功率の高い食事の誘い方をきちんとマスターすれば、誰でも自然な形で相手とデートを楽しむことができます。

成功するかどうかは、プロフィール登録の時点から始まっているので心して臨んで下さい。
マッチングアプリという機能性の高いツールを生かすも殺すもあなた次第です。

最強のマッチングアプリはどれだ?本当におすすめのマッチングアプリだけを紹介します。