パパ活で慰謝料請求をされることってあるの?気になる噂を大調査
若い女性の間に話題になっているのが「パパ活」。

このパパ活はひと昔前の援助交際とは異なり、性行為だけが目的ではありません。

若い女性と食事をしたいというパパ世代の男性の願望を叶えてくれる面を持っているのです。

しかし、このパパ活は一歩間違えると相手の奥さんから慰謝料を請求されてしまうことがあるのです。

知らなかったでは済まされないパパ活でのトラブルについて詳しくお話していきましょう。

若い女性に人気のパパ活

パパ活はパパ世代の男性と一緒に食事をしたり、デートをすることを言います。
これだけを聞くとひと昔前の援助交際と何が違うのかと思ってしまいますが、決定的な違いは性的なことが目的ではないという点。

食事を楽しむことやお喋りをすることがメインとなり、性的な目的に関しては人によるというのが実情です。

女性にとっては、美味しい食事を食べることができますし、年上男性との会話を楽しむことができるというメリットがあります。

男性にとっては若い女性と一緒にいることで疑似恋愛をした気持ちを味わうことができるのです。双方利害が合致していることもあり、パパ活のマッチングサイトなども出来ています。

ただ、このパパ活で愛人契約をしている女性も少なくありません。
性行為もOKとして、相手からお金を貰い交際をしていることも珍しくないのです。

これは女性側がNOと言えば関係としては成立しませんが、女性側がそれでも良いと判断した場合、援助交際と何ら変わらない関係が発生してしまいます。

多くの男性はこれを浮気や不倫だとは考えていませんし、疑似恋愛の延長線上に性行為があるだけなのです。

風俗に通っているのと何ら変わらない感覚と言えば近いような気もします。

パパ活で知り合った当人同士はそう割り切っていたとしても、パパ側の妻はどうでしょうか。
妻の目線からすればパパ活だろうが、浮気や不倫と同じなのです。

性行為があれば浮気や不倫として訴えられる

“食事やお茶をして小遣いを稼いでいるタイプの女性であれば、そこまで問題にはなりませんが、万が一パパと性行為を行っているのであれば、妻から慰謝料を請求される可能性があることを知っておいてください。

婚姻関係がある男性と恋愛関係抜きにして性行為を行った場合であっても、相手が既婚者であるとわかって行った場合に慰謝料は発生してしまいます。

また、パパ側が女性に本気になっている場合も多く、妻としては面白くないのです。お互いに割り切った関係であると当人同士が思っていても、妻には通じません。

そのことを理解していないと、いざという時にとても困ることになるでしょう。

例えば、恋愛関係もなく性行為もない場合には、慰謝料を払えとまでは言われません。

あくまでも不貞行為(性行為)があった場合にのみ、妻からの請求があるのです。ただし、相手のパパが既婚者であったことを知らなかった場合には請求されないこともあるようです。

性行為がない場合であっても、今後一切の関わりを断ってもらいたいと誓約書を書かされることはあるかもしれません。

公正証書として成立してしまった場合には、その約束が果たされなかった時にその内容に基づき実行されてしまいますので注意してください。

お小遣い稼ぎの感覚で始めたことも、場合によっては思わぬ形でしっぺ返しを食らってしまうこともあります。”

パパが既婚者でなければ請求されることはない

先程も上記で触れましたが、パパが既婚者でなければ性行為を行っていたとしても慰謝料請求されることはありません。
しかし、パパが既婚者である事実を隠し、独身であると偽っていた場合に関して、妻がその事実を知らなければ請求されることがあります。

もちろん、こちらもパパに騙されている側ですので、請求があったとしても支払う必要はありません。
しかし、途中で既婚者であったと知り得たのにそれを隠しているだけだという事実がバレてしまえば、慰謝料請求されてしまいますので注意しましょう。

妻にとって、どんな形でも夫が他の女性と交際していることを快く思う人はいません。
例えその関係性が法的に効力のない関係であったとしても、許されるものではないのです。

パパ活をしていく上で、妻に恨まれたくないという人はパパが既婚者であるかの確認は事前にしっかりしておくことをおすすめします。

また、安易な気持ちで性行為に及ぼないことも大切です。どんなに素敵な人であっても既婚者というハードルはかなりのものです。

好意を持つような関係になる前に終わらせることも必要でしょう。パパ活の基本は相手に対してのめり込まないことです。

パパ側から何か求めてこられたとしても、それを受け入れないスタンスも大事なのです。

中途半端な関係性を築かないように日頃から心掛けることが万が一を防ぐ方法として有効です。

パパ活での慰謝料請求はある

パパ活は不倫ではないと思っている女性も多いようですが、性行為がある場合には慰謝料請求される可能性が高いのです。

妻側から不貞行為の証拠を突きつけられてしまえば逃れることはできません。

そのような事態にならないように、パパがどんな人で既婚者であるかないかを事前に確認しておくことが大切。また、既婚者と分かった段階で関係を解消するようにしてください。
安全にパパ活を行うアプリはこちら